Okeranet BBS


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [過去ログ] [ワード検索] [留意事項] [管理用]

記事No 9968
タイトル SV/Miraie訪問
投稿日 : 2018/03/13(Tue) 23:51:59
投稿者 JH1LSA 本間   <takajh2uzb@yahoo.co.jp>
参照先 http://www.qrz.com/db/jh1lsa
今回、横浜ボートショウもこちらのSkedが合わず、会期中にShow会場隣のプカリ桟橋にアローンサイトしていたSV/「Miraie」230Ton・170Feet・3本マストトップスルスクーナー
旧SV/「あこがれ」にも訪問できなかったので、今日は三浦半島南端の城ヶ島からOKNにINしたあと「みらいへ」が寄港する三崎港に出向き、航海士の盛さんとお話が出来ました。
SV/「みらいへ」は以前は大阪市が所有する帆船でしたが、5年前に民間に移譲され、現在もセールトレーニングShipとして活躍しています。最近ではタモリカップヨットレースの旗艦
としてもヨットマンにお馴染みです。

以前、10年程前、SV/あこがれの時代は航海士の久下さんやJE1EMT岩井さんがJAMMNETにINしてくれましたが、残念ながらその後、チェックインは長くは続きませんでした。
今回の主旨は以前より頂いたアイデアではありますが、「みらいへ」がセールトレーニングで世界周航や神戸〜横浜を中心とした日本の各港を訪問している事について、
その航海の途中、我々のJAMMNETにHamRadio通じて、レギュラーリレーMM局として、INして戴けないかとのお話をしてきました。
そして、できる事ならJAMMNETに参加する国内外の各MM局のシンボルSV・MM局として、小型艇の航行支援活動でもある我々のMMNETボランティアに参加してもらえないか
とのこちらからの依頼をしました。

この事は、無線を通じセールトレーニングShip事業の発展的活動としてヨットマンやHamから帆船「みらいへ」の認知度UPにもつながることでもあり、
また、我々のMMNETの活動においても「みらいへ」が加わってもらうことによってMMNET全体のアクティビティーUPにもつながり、今後、より参加局も増えると思われ、
更なる航行安全確保への社会貢献活動において認知度UPにもなり得ます。

それゆえ、この事は双方プラスになると思われる提案ではないであろうかと説明をさせて頂きました。そして、必要であれば私からアマ無線のRigの提供も可能と伝えました。
以前、SV/シレナの故大儀見さん(140f・SV/海星のシンジケートファウンダー)にも同じようなお話をした時がありましたが、残念ながら氏の逝去とともに断ち切れました。

今回はJAMMNETの普及と広報的役割の中、お話したものです。
この件、もしくはこれ以外でも、皆さんからの更なるJAMMNETのアクティビティーUPになるような前向きなお考えをお持ちであれば是非ともお聞かせ下さい。
皆で具現化への努力をしてみましょう。

JAMMNT広報  De jh1lsa Taka HONMA

FYI: SV/ミライエ運行者 一般社団法人 グローバル人材育成推進機構について  http://www.miraie.org/         
FYI: 写真は三崎港のドックでお会いしたSV/Miraieの航海士、盛さんとのスナップです。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
Call Sign
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
画像UP
暗証キー (英数字で8文字以内。必ず入力してください。)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -